ツイッターを使ってお金をくれるパパ探しをはじめてみました。
お小遣いが極端に少なく、自分で好きに使えるお金がない状態でしたから、気軽なアルバイトとしてパパを探してみることにしたのです。
食事を食べることがお金を稼ぐことに繋がる、こんなに素晴らしい関係は他にありませんから、パパ募集をツイッターでやってみたら、やっぱり反響があったのでした。
多くの人たちが使っているようなツイッターだから、やっぱり募集して良かったなって思いながら、届いたメッセージを見ていく事にしました。
DMやリプライが来て激しい高揚感まで感じてしまっている私がいたのです。
これでパパを探すことができて、たくさんのお小遣いをもらったら友達とランチに出かけたり、遊びに出かけたりもできるとなんて思いながらメッセージを読んでみたのです。
ところが…あれ?って感じになってしまったのでした。
私は食事パパを探していたのに、そのほとんどが援助交際を申し込む内容のものだったのです。
セックスして気持ちよくしてあげる、2万円しか払ってもいいなんて書いてあったりもしました。
そうな関係は少しも求めていないのに、なんでこんなメッセージがやってきちゃうのって感じです。
さらに、気持ちよくなろうよなんて言うのもあり、一緒にオナニーを楽しもうだとか、私のエロい写メを送って欲しいなんて言うのもでありました。
さらに、食事だけでお小遣いをもらうなんて、調子こくなといった罵倒する内容もメッセージまであるんですからね。
しかも、送られてくるメッセージが全て、援助交際か冷やかしのものばっかりなんです。
ツイートすることで30代主婦の私が、パパを発見できると喜んでいたのに、まったくその結果を残すことができませんでした。