ツイッターで何とかパパをみつけられるって思っていたんですが、結果は惨憺たるものに終わってしまいました。
そのほとんどがセックス目的で、肉体関係を持ったらお金を支払うという内容。
あとは、罵詈雑言の書かれているメッセージなど、およそ私の求めている関係ではないものばかりだったのです。
さすがにこれは嫌な気分にもなっちゃうし、やっぱりこの方法ではパパ募集は成功しないのかなと、ほとんど諦めの境地になっていました。
そんな頃に、パパ活に成功した同年代の主婦を発見することに成功し、思わずフォローして話し掛けてしまったのでした。
すると、相手の方からも返信がやってきて、そこからやりとりを始めることになっていきました。
彼女の話では、今では優しいパパを発見してお金をもらっていると言うのですが、最初は失敗をしてしまったという話も教えてくれました。
彼女も私と同様にツイッターで相手探しをやってみたところ、肉体関係を目的とした人や馬鹿にするようなメッセージばかりだったようです。
やっとパパを探せだと思って待ち合わせしたところ、相手が食い逃げをしたなんて話してきたんです。
ビックリしてしまいました。
食事の最中にいなくなって、結局食事代を支払わされてしまった経験まであるようです。
このような匿名で使えるツールというのは、パパ探しには不向きであると言われてしまいました。
どうやってお金を稼ぐことができる出会いを見つけたのか、これはやっぱりすごく気になるものですね。
お金が欲しい私としては、同じアラサーで相手探しに成功している人の手法というものはとにかく気になってしかたがありませんでした。
「やっぱり一番良かったのは、パパ活サイトだよ」と話だしたのでした。